トピックス

TOP > トピックス  > 【選出:武田教授・亀井助教】AMED支援の創薬プロジェクト

2017.01.31 【選出:武田教授・亀井助教】AMED支援の創薬プロジェクト

日本医薬研究開発機構(AMED)が支援する産官学連携創薬プロジェクトが始まります。

その「学」を代表する創薬基盤技術として、薬学部の武田教授と亀井助教が開発している薬物送達システム技術が選ばれました。
これから複数の製薬企業と実用化に向けた研究が始まります。

本日(2017年1月31日)の日本経済新聞朝刊(2面)に、認知症など脳の難病の治療技術の開発のため製薬5社が提携すること、その実証実験が本学など国内大学の薬物伝達技術をベースに行われるという記事が掲載されています。

 

一覧に戻る