標準模擬患者募集

TOP > 標準模擬患者募集

標準模擬患者(SP)募集

神戸学院大学薬学部では、薬学共用試験OSCE<オスキー>に参加・協力して下さる
一般市民のボランティアとして、標準模擬患者を募集しています。ご興味のある方はぜひご協力ください。

2017年度標準模擬患者(SP)募集

神戸学院大学薬学部では、2017年12月23日(祝:土)に実施する「薬学共用試験OSCE:オスキー」に参加・協力して下さる一般市民のボランティアとして、標準模擬患者(SP:エスピー)を30名募集しています。
ご興味のある方はぜひご協力ください。

※ 定員に達したため、2017度の募集は終了しました。2018年度は3月頃、募集要項をお知らせできる見込みです。

・標準模擬患者にご協力いただく方の健康を考え、65歳ぐらいまでの方とさせていただきます。
・薬学生のご子息、ご息女(親戚など含む)がいらっしゃる方については、6年生以上であること。
・神戸学院大学以外でSP(模擬患者)やSC(模擬依頼者)をされている方やご経験のある方は必ずお申し出ください。
・医療・福祉関係者の方を除きます。

■応募方法
申込書に必要事項ご記入の上、FAX(078-974-4749)までお送りください。
応募:随時(定員に達し次第、締め切ります)

※お申し込みをいただきました方には、10日以内に受付通知書(研修会日程が近い場合は研修会案内資料)をお送りさせていただきます。

■詳細は2017年度 標準模擬患者募集(PDF)をダウンロードして、ご覧ください。

模擬患者とは

薬学生のコミュニケーション教育のために、一定のトレーニングを受けて、実際の患者と同じような症状や会話を再現できる患者役を演じる人のことを模擬患者といいます。
模擬患者には、その目的と役割に応じて、模擬患者(simulated patient)と標準模擬患者(standardized patient)の2つに分類されます。

標準模擬患者とは

薬学共用試験OSCEにおいて患者役を演じていただく方を標準模擬患者と言います。
実際の患者になったつもりで、薬剤師役の受験者(薬学生)と症状や副作用のことを話したり、薬の説明を受けたり、薬学生の臨床現場での実務実習をスムーズに行えるようにサポートする役割をする人のことを言います。

標準模擬患者(SP:エスピー)を一般市民の方にお願いしたい理由

薬学部の教員や現役薬剤師が、模擬患者をやってしまうことは非常に難しいことが多々あります。
いつもは元気いっぱいで声も大きな教員が、試験のときだけ体調の悪い、物静かな患者の役柄が設定されているからといってそんな患者を演じても、学生には、いつもの教員のイメージが植え付けられていますので、リアリティが落ちるだけでなく、患者と対応するというよりは教員と対応するということを意識してしまいます。
また医療従事者などが、患者役をやると、こんなに薬の知識を持った患者はいないだろう・・・といった特殊な患者が出来上がってしまいます。
そこで標準模擬患者は、ぜひ一般市民の方にご協力をお願いしたいと考えています。

演劇の経験、患者体験は、全く必要ありません

演劇の経験や過剰な演技は全く不要です。
演劇のように一字一句セリフがシナリオ化されているわけではありません。

ある程度、ご自分の話しやすい言葉に置き換えることができますし、極度の感情移入も不要です。
また演じていただく患者の病状などについては、レクチャーいたしますので、患者体験はなくてもできます。
さらに試験時間は5分ですから、たいてい、誰でもシナリオの内容を覚えることができます。

標準模擬患者をやっていただく上で必要なことは、以下の4点です。
①標準模擬患者の役割を理解していただけること
②シナリオの内容を覚えることができること
③シナリオの内容通りで繰り返し同じ演技ができること
④学生の成長に温かいまなざしを向けていただけること

ただし、中にはどうしても標準模擬患者としてお願いすることが、無理な方がいらっしゃいます。
その時はお断りすることもございます。あらかじめご了承ください。

応募方法

■申込書に必要事項ご記入の上、FAX(078-974-4749) までお送りください。
■応募:随時(定員に達し次第、締め切ります)。

GET ADOBE READER
上記申込書をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
ダウンロードするには、左のアイコンをクリックしてください。

やっていただくこと

2017年12月23日(祝:土)の神戸学院大学薬学部OSCEにおける受験学生に対する標準模擬患者としてシナリオに基づいた患者役の実演(18~20セッションを予定)および、そのための研修会への参加。

謝礼・交通費(研修会含む)

■謝礼(OSCE当日のご協力いただいた方)1万5千円
■交通費 実費×来校回数 ※ただし、1回の交通費は上限2千円までとさせていただきます

お問い合わせ(何でもお気軽にお問い合わせください)

神戸学院大学 薬学部 臨床薬学部門標準模擬患者(SP)担当
TEL&FAX:078-974-4749(直通)  E-mail:kobesp@pharm.kobegakuin.ac.jp

担当者不在の場合は、FAXやメールをくだされば、担当者よりご連絡申し上げます。
担当:上町(かんまち)/ 森本(もりもと)/清水(しみず)

2017年度 薬学共用試験 OSCE までの研修会スケジュール

  日 時 研修会の内容
第1回(4月の部) 4月22日(土)10:00~12:30
(4月は午前開催です)
【説明体験会】
標準模擬患者とは?OSCEとは?
- 実際に模擬患者を体験してください! -

すべて同じ内容です。
第1回(5月の部) 5月13日(土)14:00~16:30
第1回(6月の部) 6月10日(土)14:00~16:30
第1回(7月の部) 7月8日(土)14:00~16:30
第2回 11月18日(土)10:00~12:00 シナリオに基づいた演技の実践(1)
第3回 12月2日(土)10:00~12:00 シナリオに基づいた演技の実践・標準化(2)
第4回 12月16日(土)10:00~12:00 OSCE会場の下見、当日の動きの確認
当日 12月23日(祝:土)8:25~17:50 薬学共用試験OSCE当日です。
セッションと休憩をはさみながら、標準模擬患者を演じてください。
(昼食は大学でご用意いたします)
第5回 2018年1月(未定) “おつかれさまミーティング”開催
初めてご参加の方は、第1回(4月、5月、6月、7月の部のいずれか1回)の【説明体験会】に必ずご参加ください。
(説明体験会の内容は、すべて同じ内容です)
説明体験会は、上記日程にてご都合の悪い日がございましたらご相談に応じます。
ご遠慮なくお問い合わせください。
また第2回~第4回までの研修会は、必ずご出席くださいますようお願いいたします。

研修会およびOSCEの会場

【神戸学院大学ポートアイランドキャンパス、C号館臨床薬学ゾーン2階】
所在地:神戸市中央区港島1-1-3
最寄駅:ポートライナーみなとじま駅(駅から会場まで徒歩10分)

お申し込みをいただきました方には、10日以内に受付通知書(研修会日程が近い場合は研修会案内資料)をお送りさせていただきます。

個人情報につきましては大学からのご連絡以外には使用いたしません。