トピックス

TOP > トピックス  > 【採択:武田教授】日本薬学会第135年会(神戸):企画シンポジウム

2014.10.02 【採択:武田教授】日本薬学会第135年会(神戸):企画シンポジウム

2015年3月25日(水)~ 28日(土)、本学を主会場に開催される日本薬学会第135年会(神戸)の公募シンポジウム企画で、薬学部の武田真莉子教授が企画、申請した「脳標的化薬物デリバリー研究の最前線」が採択されました。

 

135nenkai

 

日本薬学会第135年会(神戸)
組織委員長 小林 資正(大阪大学大学院薬学研究科)  

日時:2015 年 3 月 27 日(金)9:15~11:45

テーマ:
「脳標的化薬物デリバリー研究の最前線」

オーガナイザー:
神戸学院大学薬学部薬物送達システム学研究室  武田真莉子
帝京大学薬学部薬物動態学教室  出口芳春

シンポジスト:
・東京大学大学院医学系研究科  位高啓史
「脳脊髄神経系にmRNA送達を可能とする高分子ミセルの開発(仮)」

・名古屋大学環境医学研究所 生体適応・制御部門 脳機能分野  澤田誠 
「ミクログリアの脳親和性侵入と脳標的化ドラッグデリバリへの応用(仮)」

・帝京大学薬学部薬物動態学教室  出口芳春
「ヒト血液脳関門のカチオン輸送系を利用したドラッグデリバリー(仮)」

・理研分子イメージング科学研究センター 新垣友隆
「PETを用いた鼻腔内投与後の薬物動態と脳直接移行性の可視化(仮)」

・神戸学院大学薬学部  亀井敬泰・武田真莉子 
「アルツハイマー型認知症をターゲットとするインスリン脳内デリバリー(仮)」

・東京大学医学部付属病院 山末 英典 
「オキシトシンの点鼻スプレー製剤による
自閉症スペクトラム障害における対人コミュニケーションの障害の治療法開発(仮)」

一覧に戻る