トピックス

TOP > トピックス  > 【採択:徳山教授】第 89 回日本薬理学会年会・公募シンポジウム企画

2015.11.19 【採択:徳山教授】第 89 回日本薬理学会年会・公募シンポジウム企画

 来年3月9日(水)~11日(金)に神奈川県横浜市で開催される「第 89 回日本薬理学会年会」の公募シンポジウムにおいて、
本学薬学部の徳山尚吾教授が企画、申請した「幼少期ストレス負荷によるストレス脆弱性の形成と情動・高次機能障害発症機序の解明」が採択されました。

 

 

第 89 回日本薬理学会年会 icon_link

 

 

20151119

 

 

2016 年 3 月 9 日(水) ~ 11 日(金)(神奈川県横浜市)

 

 

・テーマ:
    幼少期ストレス負荷によるストレス脆弱性の形成と
    情動・高次機能障害発症機序の解明

・オーガナイザー:
    徳山 尚吾  (神戸学院大学薬学部臨床薬学研究室)

・座長:
    徳山 尚吾  (神戸学院大学薬学部臨床薬学研究室)
     田熊 一敞   (大阪大学大学院歯学研究科薬理学研究室)

・シンポジスト: 
    菊水 健史
    麻布大学獣医学部伴侶動物学研究室 
   「幼少期ストレス負荷による情動行動の変化(仮)」
    西 真弓
    奈良県立医科大学第一解剖学講座  
    「幼少期ストレス負荷による脳機能への影響(仮)」
    田熊 一敞
    大阪大学大学院歯学研究科薬理学研究室
    「発育期の環境要因が精神・神経機能に及ぼす影響(仮)」
    西中 崇、徳山 尚吾
     神戸学院大学薬学部臨床薬学研究室 
    「幼少期ストレス負荷による疼痛制御機構形成に対する影響(仮)」

一覧に戻る