トピックス

TOP > トピックス  > 【採択:水谷特命教授】「日本薬学会 第139年会」公募シンポジウム

2018.11.16 【採択:水谷特命教授】「日本薬学会 第139年会」公募シンポジウム

 3月20日(水)から23日(土)に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される 「日本薬学会 第139年会」の公募シンポジウムで、大学院薬学研究科の水谷健一特命教授が企画した 「生体の恒常性を護る『血管化』ダイナミクス」が採択されました。 
 「日本薬学会 第139年会」の詳細は、以下の通りです。

 

日時:3 月21日(木)13:30~15:30

場所:幕張メッセ 国際展示場

 

テーマ:生体の恒常性を護る『血管化』ダイナミクス

オーガナイザー、座長:
  神戸学院大学大学院・薬学研究科・幹細胞生物学研究室 水谷健一
  神戸薬科大学・衛生化学 長谷川潤

 

講演者:
1.生体ストレスによる血管系リモデリング
 神戸薬科大学・衛生化学
 長谷川潤

2.創傷治癒に伴う血管新生のライブイメージングから明らかになった血管新生における内腔圧の新たな役割
 日本医科大学・先端医学研究所病・病態解析学部門・分子細胞構造学分野
 福原茂朋

3.アンジオクラインファクターが織りなす腫瘍微小環境の調和
 大阪大学・微生物病研究所・情報伝達分野 
 木戸屋浩康

4.脳機能の恒常性維持における血管系の役割
 国立精神・神経医療研究センター・神経研究所・神経薬理研究部 
 村松里衣子

5.ダウン症モデルマウスにおける血管新生調節転写因子の3コピー化による胎生期ニューロン新生異常
 京都薬科大学・病態薬科学系・病態生化学分野
 石原慶一

6.大脳皮質における血管ー神経の協調的な発生制御機構
 神戸学院大学大学院・薬学研究科・幹細胞生物学研究室
 水谷健一 

 

日本薬学会 第139年会のHPはこちらicon_link

一覧に戻る