トピックス

TOP > トピックス  > 【武田教授・亀井助教】日本薬学会機関誌Biol. Pharm. Bull. 選定・掲載

2018.02.01 【武田教授・亀井助教】日本薬学会機関誌Biol. Pharm. Bull. 選定・掲載

亀井敬泰助教と武田真莉子教授の論文が、日本薬学会機関誌Biol. Pharm. Bull.よりHighlighted paper selected by Editor-in-Chiefに選定され、さらに、Graphical AbstractがBiol. Pharm. Bull.41巻2号表紙イラストとして掲載されました。
加えて、J-STAGEで紹介する「Featured Article」にも選定され、3つ同時の快挙となりました。
 
 
BPB編集委員会では一般投稿論文を対象に、独創性、科学的貢献度、方法、論文構成、表現等を選定基準として特に優れた論文を「Highlighted paper selected by Editor-in-Chief」として掲載しているものです。
今回、これに選定されたということになります。
 
 
 
 
20180201
 
 
 
 
 
掲載論文
 
題名
Exploration of the key factors for optimizing the in vivo oral delivery of insulin by using a noncovalent strategy with cell-penetrating peptides

著者
Noriyasu Kamei, Chikako Shigei, Ryota Hasegawa, Mariko Takeda-Morishita

 

一覧に戻る