トピックス

TOP > トピックス  > 有瀬キャンパス「大時計」の改修

2017.09.01 有瀬キャンパス「大時計」の改修

薬学部があるのはポートアイランドキャンパスですので、移転してからの薬学部生の皆さんには、有瀬キャンパスの「大時計」には馴染みがないかもしれませんね。

有瀬キャンパスで学んだ諸先輩方は懐かしく思われるのではないでしょうか。

 

 

20170901_4

 

 

 

 有瀬キャンパスの「大時計」は、1995年1月17日の阪神・淡路大震災で停止した明石市立天文科学館の「塔時計」。

有瀬キャンパスが東経135度の子午線に隣接していることや、本学も震災の被害を受けたことから、地域の共有財産として後世に残そうと市から譲り受け、修理を終えた1997年3月から本学の「大時計」として時を刻んでいます。

 

 

20170901_1

 

 

 
 この「大時計」も老朽化が進み、文字盤などに錆が出てきたことから、2004年以来13年ぶりの化粧直しをすることになりました。

 

 

 

 

 

 

大時計は10月4日に復旧します。

是非、皆さん、有瀬キャンパスへ足をお運びいただいて、新しくなった「大時計」をご覧ください。

ポートアイランドキャンパスとは趣が異なり、緑あふれ涼やかなキャンパスです。

そして坂道が多く、建物に入ったら「3階?!」といったこともあるので驚かれるかもしれません。

 

 

 

神戸学院大学は様々な顔を持つ大学です。

「これは!?」と思う神戸学院大学の顔を発見してください。

一覧に戻る