トピックス

TOP > トピックス  > デュケーン大学薬学部と交流協定更新

2016.11.08 デュケーン大学薬学部と交流協定更新

 薬学部は11月2日、デュケーン大学薬学部との交流協定更新の調印式をポートアイランドキャンパスで行いました。

 

調印式には同大学のブリッカー薬学部長のほか、佐藤雅美学長と山﨑裕康薬学部長、国際交流センター所長の津田裕子教授、薬学部海外交流委員の白川晶一教授が出席。

 

(左から)山﨑学部長、津田教授、ブリッカー薬学部長、佐藤学長、白川教授

(左から)山﨑学部長、津田教授、ブリッカー薬学部長、佐藤学長、白川教授

 

米国ピッツバーグ市にある同大学薬学部と本学薬学部は、1991年に交流協定を結んで以来25年間、教員や学生の交流を続けています。

 

20161108_2

(左)佐藤学長、(右)ブリッカー薬学部長

 

 

20161108_3

(左)山﨑学部長、(右)ブリッカー薬学部長

 

 

これまでは本学薬学生が訪米し、英会話や近隣医療施設の見学などを行っていましたが、2010年以降はデュケーン大学の薬学生も来日し、漢方薬局はじめ近隣の医療施設見学を行うようになりました。

この協定は5年ごとに更新されており、今回が5回目となります。

 

 

20161108_4

薬学部教員とブリッカー薬学部長との交流会

 

 

 アメリカ薬学研修についてはこちらicon_link(薬学部オリジナルサイト)をご覧ください。

一覧に戻る