トピックス

TOP > トピックス  > 学位記授与式を挙行しました

2015.03.23 学位記授与式を挙行しました

 2014年度の学部学位記授与式と大学院学位記授与式が23日、有瀬キャンパスで執り行われ、岡田豊基学長から、学部生2018人と大学院修了生33人に学位記が授与されました。

 

20150323

 


 学部学位記授与式は午前10時から、有瀬キャンパスの体育館で開催され、岡田学長は「日本は今、無限の可能性にあふれた若い力を必要としています。あなた方は大学で多くの知識を吸収し、貴重な経験をして能力を高めてこられました。誰のために、何のために活用していくのか、これからはそういうことが期待されるでしょう」と告辞。西本誠實理事長は「人間万事塞翁が馬」の故事を紹介しながら、「人生何が起こるかわかりません。今という時を大切にし、志したことを最後まであきらめず、果敢に挑戦してください」とはなむけの言葉を贈りました。
 これに対し、卒業生を代表して経営学部の高原愛さんは「これまで支えてくれた皆様に感謝しても感謝しきれない思いでいます。これからも多くの壁や苦難にぶつかると思いますが、大学で学んだ知識や経験、そして友人とのつながりで、自分の人生を一歩一歩歩んでいきます」と答辞を述べました。

 


 その後、学生放送局の藤原菜諸さんの司会で、課外活動団体のチアリーダー部とバトン部、混声合唱団パンドラ、吹奏楽部が卒業生を激励する演技を披露しました。

学長の告辞はこちら

一覧に戻る