トピックス

TOP > トピックス  > 【掲載:水谷特命教授】米科学誌 セル・リポーツ(Cell Reports)

2019.10.23 【掲載:水谷特命教授】米科学誌 セル・リポーツ(Cell Reports)

薬学研究科の水谷健一特命教授らの研究成果が、米国の医学・生物学を扱うセル出版(Cell Press)が発行する学術雑誌「セル・リポーツ(Cell Reports)誌」のオンライン版に2019年10月29日(米国東部時間)に掲載されます。


 

 

20191023

薬学研究科の水谷健一特命教授

 

 

 水谷特命教授らの研究グループは、血管が蛍光タンパク質で光る遺伝子改変マウスを用い、母胎内で脳が作られる過程において、組織内の血管新生が時間的・空間的にどのように進行するかを詳しく観察すると共に、これらの毛細血管が、脳を形成する細胞である神経幹細胞(ニューロンを生み出す細胞)の働きとどのような関連性があるのかについて解析しました。

 

 その結果、神経幹細胞の中でも最も幹細胞としての能力が高い細胞は、血管が作られない領域(無血管の領域)に存在し、この無血管の領域には血管の「管」は入らず血管先端細胞と呼ばれる特殊な毛細血管の「仮足(突起)」が神経幹細胞と接触することで、幹細胞の性質を極めて巧妙に調整していることを初めて明らかにしました。つまり、組織に規則的に作られる毛細血管が、幹細胞の働きを助けるための細胞外環境を構築し、神経幹細胞が正常に増殖して正常な脳を作っていく上で決定的な役割を担うしくみを突き止めました。

 

 哺乳類では、神経幹細胞が必要な数だけ分裂し、必要な細胞を生み出すことで、多様な機能をもった複雑な脳組織を形作りますが、何がこのような複雑な臓器形成を支えているのかは未解明の問題が数多く残されています。今回の発見は、脳が形作られる生命現象の理解に繋がるばかりでなく、再生医療の実現化のための神経幹細胞の効率的・安定的な培養技術の開発に寄与するものと考えられます。また、組織・臓器内の特殊な血管環境は加齢とともに変化することが知られていることから、今回発見された現象が脳の老化や病態の解明に発展することが期待されます。

 

【発表雑誌】
掲載誌:Cell Reports(セル・リポーツ)
掲載日:米国東部時間2019年10月29日
タイトル(和訳):“Spatiotemporally dependent vascularization is differently utilized among neural progenitor subtypes during neocortical  development.”
(時空間依存的な血管化は、大脳皮質発生過程における神経幹細胞と神経前駆細胞で区別して利用される)
著者名:鈴木(駒林)真理子、山西恵美子、渡部千里、岡村恵美、田畑秀典、岩井亮太、味岡逸樹、松下淳、木戸屋康浩、高倉伸幸、岡本正志、木下和夫、市橋正光、永田浩一、依馬正次、水谷健一

 

【研究グループ】
神戸学院大学、滋賀医科大学、愛知県医療療育総合センター、滋賀県立総合病院研究所、大阪大学、東京医科歯科大学からなる共同研究グループ

一覧に戻る