シラバス2009

TOP > シラバス2009 > 本学6年制薬学教育に対する基本方針と教育・研究理念

2009年度 薬学部シラバス

神戸学院大学 薬学部の2009年度のシラバスはこちらからご覧いただけます。
薬学部では、高度な医療知識を身につけ、社会に貢献できる薬剤師を育成しています。

本学6年制薬学教育に対する基本方針と教育・研究理念

本学薬学部は、質の高い教育と研究を基盤として、薬の専門家としての薬剤師を育成することを教育に対する基本方針としている。
これまでの実績にもとづく英知を結集した本学薬学部のアイデンティティーに裏打ちされた教育を実践することで、社会から評価され、認知されうる薬学部であることを目指すものである。

以下にそれを実践するための、本学薬学部における6年制薬学教育理念と教育方針を示す。

I. 神戸学院大学薬学部薬学教育6年制における教育理念と教育方針

「社会における医療のニーズに応えうる問題解決能力を持った薬剤師の養成」

II. 薬学部としての社会に対するミッション

自己解決型能力を持った学生を育成し、即戦力となる薬剤師を養成する。これを達成するために、

患者のQOL改善に必要な薬学的専門知識を駆使した薬物治療に携わる能力を涵養するための教育を実施する。
医薬品の適正使用にかかわる問題を提起し、これを解決できる能力を涵養するための教育を実施する。
医師および患者(あるいはその代理人)とのコミュニケーション能力を自己開発できる人材を育成する。
健康の維持増進や日常生活の質的改善についてのアドバイスをはじめ、地域住民に対する疾病の一次予防に貢献できる人材を育成する。

III. 実践的教育を実施するための具体的方策

ヒューマニズム豊かな、薬の専門家を育成するため、教育カリキュラムを次の三つの項目を柱として構成する。

a.教養教育
b.薬学導入教育
c.薬学専門教育

6年間をとおして、一体化した講義、実習・演習を実施する。それにより、薬学的知識を実践の場で即応用できる能力を涵養する。
上記教育カリキュラムは、教育の質を一定以上に保持し、社会的責任を十分果たすために、「薬学教育モデル・コアカリキュラム」、および「実務実習モデル・コアカリキュラム」に示された指針に沿って構築されている。
その指針に示された到達目標は知識、技能、態度の三領域に分類される。
教育目標への到達度について評価をうけ、改善を積み重ねることにより、教育に対する基本方針にかなった教育の遂行を行う。

NEXT