アメリカ薬学研修

TOP > 学生生活 > アメリカ薬学研修 > 第17回 2013年2月23日-3月7日 アメリカ西海岸を訪問先とする研修

神戸学院大学の国際交流は30年以上の歴史で育まれています

夏休みや春休みなどを利用して、2週間~1か月程度の期間、
海外の大学などで語学や薬学などの研修を受けることができる「短期海外研修」を実施しています。

第17回 2013年2月23日-3月7日 アメリカ西海岸を訪問先とする研修

今回のアメリカ薬学研修では、西海岸にある4つの大学(パシフィック大学,カリフォルニア大学サンフランシスコ校,アリゾナ大学,ウエスタン大学)とカリフォルニア大学デイビス校のメディカルセンターを訪問しました。

参加学生は2年~4年まで20名で、各自の研修内容は帰国後にポスターで成果発表会を行います。

また、現地での講義や医療施設見学後にはレポートを課し、教員がチェックして研修内容の理解度を確認しました。13日間の短い期間でしたが、日米における薬学教育や薬剤師の職能の違い、オートメーション化された調剤室など多くの相違に気づくことが出来ました。

また学生プランでは、事前にメールでやりとりしていたペンパルと初めて対面するというドキドキした感動や、お茶や書道といった日本の伝統的な文化を各大学の教員や学生に伝え、最後は日米全員を巻き込んだダンスで盛り上がりました。

ヨセミテやグランドキャニオン国立公園、種々のサボテンがみられるサワロー公園、西部劇に出てきそうなオールドツーソン、ディズニーやユニバーサルなどを満喫し、思い出の多い旅行でした。

2012年度のアメリカ研修旅行(2013年2月23日~3月7日)の様子が、アリゾナ 大学のホームページに掲載されました。
アリゾナ大学のサイト
2013年アメリカ研修旅行 のブログ