アメリカ薬学研修

TOP > 学生生活 > アメリカ薬学研修 > 第15回 2010年2月27日-3月17日 アメリカ東海岸を訪問先とする研修

神戸学院大学の国際交流は30年以上の歴史で育まれています

夏休みや春休みなどを利用して、2週間~1か月程度の期間、
海外の大学などで語学や薬学などの研修を受けることができる「短期海外研修」を実施しています。

第15回 2010年2月27日-3月17日 アメリカ東海岸を訪問先とする研修

2010年27日から3月17日にかけて、学生15名がアメリカカリフォルニア州サンフランシスコ、ロスアンゼルス、アリゾナ州ツーソンを訪れ、薬学研修を行いました。
サンフランシスコではカリフォルニア大學サンフランシスコ校(UCSF)薬学部、ナーシングホームを訪問、ロスアンゼルスではロングビーチの基幹病院であるロングビーチ記念病院を見学し、薬剤師の活躍ぶりに刺激を受けました。

またウエスタン大學薬学部を訪問し、全員のペンパルに会って交流や研修を行いました。同大學には神戸学院大學に客員教授で来られた先生が3名もおられ、充実した研修と楽しい交流の時間が持てました。

アリゾナ州ツーソンではアリゾナ大学薬学部を訪問して充実した研修を行いました。
同大学でも客員教授として本学を訪問した先生がおられ、学生は久しぶりの再会に大喜びしました。
最後はアメリカNo.1の観光地グランドキャニオンを訪れ、雄大な景色を堪能しました。

詳細は下記のブログをごらんください。
http://blog.livedoor.jp/trip2010/