アメリカ薬学研修

TOP > 学生生活 > アメリカ薬学研修 > 第14回 2009年2月27日-3月17日 アメリカ東海岸を訪問先とする研修

神戸学院大学の国際交流は30年以上の歴史で育まれています

夏休みや春休みなどを利用して、2週間~1か月程度の期間、
海外の大学などで語学や薬学などの研修を受けることができる「短期海外研修」を実施しています。

第14回 2009年2月27日-3月17日 アメリカ東海岸を訪問先とする研修

2009年2月27日から3月17日にかけて、学生35名と卒業生1名がアメリカペンシルベニア州ピッツバーグ市にある本学交流協定校デユケーン大学で薬学研修を行いました。
学生はホームステイしながら、午前中は英語、午後からは専門の講義に加え、病院、薬局、製薬工場の見学、現地学生との交流などハードなスケジュールをこなして頑張ってきました。
デユケーン大学での研修終了後、ワシントンDC、National Institute of Health,ニューヨークで研修と観光を楽しんできました。
下記のブログをご覧ください。
http://trip2009.exblog.jp/