アメリカ薬学研修

TOP > 学生生活 > アメリカ薬学研修 > 13回 2007年2月24日-3月 8日 アメリカ西海岸を訪問先とする研修

神戸学院大学の国際交流は30年以上の歴史で育まれています

夏休みや春休みなどを利用して、2週間~1か月程度の期間、
海外の大学などで語学や薬学などの研修を受けることができる「短期海外研修」を実施しています。

13回 2007年2月24日-3月 8日 アメリカ西海岸を訪問先とする研修

神戸学院大学薬学部では2年毎に「アメリカの東海岸地区を訪問先とする研修」と「西海岸を訪問先とする研修」を交互に行っています。
薬学を学ぶ学生の国際的視野を広げるとともに、将来の薬剤師活動に資することを目的として実施されている「アメリカ薬学研修」をご紹介します。

第13回は西海岸地域で本学の交流協定校のパシフィック大学薬学部を始めとして、カリフォルニア大学サンフランシスコ校薬学部、アリゾナ大学薬学部、ロングビーチ記念病院、在宅医療会社等を訪問し、講義、見学、交流会を持ちました。

薬学研修の息抜きとして、アメリカの雄大な国立公園(グランドキャニオン、ヨセミテ峡谷)も楽しんできました。
さらにサンフランシスコとロサンゼルスでは自由行動日を設け、研修と観光を楽しみました。