FAQ

TOP > 学生生活 > FAQ

神戸学院大学 薬学部に関するご質問

ここでは、皆様から多く寄せられるご質問を
入学前・学生生活・学習環境・卒業後別にご案内しています。

入学前

Q.合格後、入学までの間に何を勉強したらよいですか?

大学での充実した勉学のために、是非やっていただきたいことがあります。
それは、「専門教育を確実に吸収するための基礎学力」をしっかり身につけていただきたい、ということです。
本学で学ぶ専門教育は、大変高度な内容も含んでおり、事前に高校までに学んだ教科内容を完全に理解できていることが望ましいのは言うまでもありません。
しかし、残念ながら現実には、薬学の専門教育での最重要基礎となる「化学」・「生物」・「物理」・「数学」のいずれかを不得手とされる学生がけっして少なくありません。
また、大学での学びにおいては、講義を聞き取る能力・レポート作成力などの基礎となる日本語の知識も不可欠です。

本学では各種推薦入試で合格した方に対して、入学前教育プログラム(必須科目:化学・生物・数学、希望科目:物理・国語)を実施しています。
これは解説や例題をテキストにより学習し、決められた期限まで添削課題を提出するものです。
一般入試で合格した方は、入学前の日数が少なく、まとまった勉強はしにくいですが、高校で習った知識を確かなものにしておいて下さい。
また新聞やいろいろな本を読んでおくとよいでしょう。

学生生活

Q.アルバイトはできますか?

平日は講義や実習がありますので、予習や復習といった勉学やレポート作成などとの両立が難しい場合があります。
土曜日や日曜日、夏休みや春休みにアルバイトを行っている学生が多いです。
ただし講義がない日でも、大学が実施する説明会や講習会などが入ることもあります。あくまでも学業が優先されます。

Q.奨学金について

経済的にも精神的にも、より豊かな学生生活を送れるように、本学はできる限りの援助を考えています。
学費や勉学費等で困っている学生の支援には、奨学金制度があります。本学で取り扱っている主な奨学金制度については大学ホームページ(http://www.kobegakuin.ac.jp/support/scholarship/)をご覧ください。
申請については、定期募集を行うものと随時受け付けるものがありますが、これらの奨学金制度について4月の学年始めにガイダンスがあり、その年度の奨学金の募集に関する具体的な情報を詳しく案内します。
事前に質問、相談等をされたい方は本学学生支援事務室まで問い合わせてください。

学習環境

Q.学内で自由に利用できるパソコンがありますか?

情報処理自習室があり、パソコンやプリンタ等の情報機器が設置されています。
自習室は月~金曜日は9時~20時、土曜日は9時~18時まで開放されています(2015年度現在)。

詳しくは本学情報処理センターのホームページ(http://www.kobegakuin.ac.jp/facility/ipc/)をご覧ください。
なお薬学部ではパソコン購入の斡旋は行っておりません。

卒業後

Q.取得できる資格について詳しく教えて下さい

薬学部薬学科を卒業すると下記の資格を取得できます。

薬剤師国家試験受験資格、薬種商販売業者、配置販売業者、医薬部外品・化粧品又は医療用具製造所(輸入販売所)の責任技術者、廃棄物処理施設の技術管理者、建築物環境衛生管理技術者、公害防止管理者、水道技術管理者、麻薬取締官任用資格、向精神薬取扱責任者、危険物取扱者【甲種】受験資格