キャンパスライフ

TOP > 学生生活 > キャンパスライフ

キャンパスライフ

医療のスペシャリストとして活躍するためには学ぶべきことがたくさんあります。
大学生活での1日1日が、未来へのステップです。友達そして先輩・後輩と一緒に、そのステップを一歩ずつ登っていきます。

ONE DAY SCHEDULE

薬学部では講義や実習が多いと聞くけれども、どのような学生生活なのだろう?
『薬剤師』とひとくくりに言われるけれども、どのような将来の道があるのだろう?

いま、薬学部に在籍する先輩たちに、講義や実習・研究生活など1日の生活や目指す薬剤師像について生の声を聞いてみました。

3年次 大辻 祥子さん

鹿児島県立甲南高等学校卒業

命を救う臨床現場で働く薬剤師を目指しています!

鹿児島出身の私にとってオシャレな街、神戸は憧れの場所でした。海も山も見える綺麗なキャンパスを目の当たりにして、ここで学べると嬉しくなったのを覚えています。入学後、1年次生では基礎的なことをきちんと学べる授業があり、苦手だった化学も大丈夫になりました。
3年次生になると、薬学の専門的な授業も増えてきて大変ですが、薬剤師になるのだなという実感がわいてきます。
平日は午前に授業が2時限、午後に化学系や分子生物系の実習があり、放課後は友達と一緒に実習のレポート作成や授業の予習・復習で、充実した毎日です。将来は、命を救う臨床の薬剤師になりたいと考えています。

5年次 植松 佑太さん

香川県大手前高松高等学校卒業
細胞分子生物学研究室

企業に入って社会に貢献できる薬剤師を目指しています!

4年次生になると研究室に配属されます。分子生物学が好きなことと、何より熱意溢れる指導教員の先生が好きで研究室を選びました。神戸学院大学薬学部の良いところは、教員との距離が近く、「ともに学び、共に育つ」ことができるでしょう。初めて扱うテーマに取り組んでいるので、全てが手探りです。研究は与えられるのではなく、自ら学ぶ事が求められます。実験手順の本を読み、仲間とディスカッションしながら、日々、自分で考えて進めていきます。思うような結果が出なくて、壁にぶつかることもありますが、乗り越えた時の喜びはひとしおです。薬剤師の活動を学べますし、病院や薬局での実務でさらにそれを発展できます。将来は、今取り組んでいる研究を通して“自分で考える力”を培い、企業に入って社会に貢献できる薬剤師になりたいと考えています。