メンバーと研究テーマ一覧

TOP > 医療連携 > メンバーと研究テーマ一覧

幅広い臨床のニーズに応えうる研究体制

基礎から臨床まで幅広く研究を展開しています。
より臨床のニーズに応えうる研究を進めるため、皆様からの協力依頼をお待ちしています。

医療連携実行委員

所属 職位 氏名
神戸学院大学・薬学部 教授 杉岡信幸[委員長]
久米典昭
白川晶一
徳山尚吾
福島昭二
准教授 岸本修一
講師 辻本貴江
中川左理
森本泰子
助教 福島恵造
講師[レクチャラー] 安藤基純
池村 舞
神戸市立医療センター中央市民病院 薬剤部長・連携教授 橋田 亨
副部長代行・連携准教授 池末裕明
国立病院機構神戸医療センター 薬剤部長 岡田 博
先端医療センター病院(先端医療振興財団) 薬剤科長 岡田 裕
市立芦屋病院 薬剤科長 岡本禎晃
神戸市立医療センター西市民病院 薬剤部長 田中詳二

学内医療連携実行委員の主な研究テーマ

※医療連携実行委員の専門領域に限らず、医療機関と連携して行う研究テーマを広く募集しています。
 その他の研究テーマについてはこちら教員総覧をご覧ください。
※共同研究のご提案やその他お問い合わせがございましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

担当者 キーワード 主な研究テーマ
杉岡信幸[委員長]
福島恵造
臨床薬物動態学
母集団薬物動態解析
免疫抑制剤
抗精神病薬
脂質異常症
脂肪乳剤
抗ガン剤
臓器移植における免疫抑制剤の適正使用に関する臨床研究
母集団薬物動態(PPK)解析を用いた前向き臨床研究
生活習慣病が薬物の体内動態に及ぼす影響に関する研究
各種酸化ストレスによる体内動態への影響に関する基礎的検討
抗うつ薬の適正使用を目的としたPK/PDモデルの確立
ベンゾジアゼピン系薬物の身体依存評価を目的としたPK/PDモデルの確立
抗がん剤の適正使用を目的としたPK/PD(TD)モデルの確立
中心静脈栄養療法時の脂肪乳剤適正投与に関する研究
イリノテカン投与患者におけるイリノテカンおよびSN-38の汗中への移行に関するパイロットスタディ
久米典昭

動脈硬化
糖脂質代謝
概日リズム

動脈硬化の分子機構の解明
動脈硬化性疾患の診断バイオマーカーの開発
脂質・糖代謝異常による疾患の分子機構の解明と治療法の開発
新規時計調節遺伝子のスクリーニング法の開発とその応用
新規時計調節遺伝子による概日リズム制御機構の解明
概日リズム異常に起因する疾患特異的治療法の開発
白川晶一 フィジカルアセスメント 薬学生や薬剤師への薬学的フィジカル・アセスメントの構築
心肺蘇生の啓発と臨床コミュニケーションの確立
徳山尚吾

緩和ケア
長鎖脂肪酸受容体 GPR40/FFA1
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)
SGLT
脳血管障害と耐糖能異常
脳卒中誘発疼痛
中枢-末梢臓器間連関

緩和ケアの普及・推進に向けた基礎および応用研究
長鎖脂肪酸受容体GPR40/FFA1を標的とした疼痛治療薬の開発
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)における長鎖脂肪酸受容体 GPR120/FFAR4 の関与
脳梗塞新規治療ターゲットとしての SGLT の役割
幼少期の養育環境が成熟後の情動変化や疼痛行動に及ぼす分子基盤の解明
脳卒中誘発疼痛モデルの確立とその発症機序に関する研究
脳卒中における中枢-末梢臓器間連関の変容の解明と新規治療戦略開発のための基盤研究
福島昭二
岸本修一

薬剤学

DDS
薬物動態
病態
個別化医療
筋ジストロフィー
経皮吸収
核内受容体

制癌薬のドラッグデリバリーに関する研究
脂質を利用した薬物キャリヤーの開発
抗腫瘍性白金錯体の効果増強をもたらす手法の開発
抗腫瘍性プロスタグランジンの製剤開発・活性メカニズム解析
エレクトロポレーション、マイクロバブルソノポレーションを利用した局所選択的癌治療法の開発
核内受容体リガンドの癌化学療法への応用
個別化医療・各種病態時の薬物動態に関する研究:医療連携研究
子宮収縮抑制薬リトドリンの個別化治療の確立
癌分子標的薬の微量採血による血中濃度測定と個別化医療に関する研究
併発疾患の癌化学療法への影響および治療の最適化
筋ジストロフィー治療薬の開発
経皮吸収製剤の開発
パーフルオロカーボンエマルジョンのフッ素MRI造影剤への応用
マイクロミニピッグの薬剤学分野への応用
イリノテカン投与患者におけるイリノテカンおよびSN-38の汗中への移行に関するパイロットスタディ

辻本貴江 グルタミン
アミノ酸
脂肪乳剤
HPN
在宅中心静脈栄養
医療制度
日米比較

L-グルタミンの臨床応用に向けた薬学的研究
高度救命救急患者における血中アミノ酸濃度の臨床的意義に関する研究
侵襲下の薬物治療における栄養管理の重要性に関する研究
頭頸部癌の化学放射線療法における有害事象の軽減に関する研究
脂肪乳剤の適正使用に関する研究
がん悪液質の病期分類とGPS評価の組み合わせによる栄養不良の状況に関する後ろ向き調査
長期HPN患者における毛髪セレン濃度の臨床的意義に関する研究
医療制度の日米比較研究

中川左理

緩和医療
ペインマネジメント

がん患者のQOL向上を目指した症状緩和に関する臨床研究
がん化学療法における副作用対策
薬学生・新人薬剤師における緩和医療教育プログラムの構築
日米における臨床教育プログラムの比較と新プログラムの開発・導入

森本泰子 プライマリケア
禁煙支援
生活習慣病の予防に果たす薬剤師の役割
禁煙支援に向けた大学生の喫煙に関する意識およびニコチン依存度調査
安藤基純

医療薬学
感染症
TDM
クリニカルトキシコロジー

抗MRSA薬ダプトマイシンの適正使用に向けた薬物動態学的研究
薬物中毒患者の早期治療にむけた被疑薬スクリーニング体制の構築
池村 舞 医療薬学

糖尿病
薬剤性肝障害
糖尿病患者における有効性かつ安全性な癌化学療法の確立
薬剤性肝障害発症時の投薬中止基準の確立