薬学研究科

TOP > 薬学研究科

臨床薬学領域の優れた研究者を養成

医学の進歩に対応できる高度な専門職業人と、医療薬学分野の次代の教育、研究を担う人材を育成します。
あわせて、医薬品の臨床開発や臨床評価を行うことにより社会貢献できる人材を輩出することを目指しています。

理念

薬学研究科は、本学の建学の精神「真理愛好・個性尊重」に則り、医療薬学を中心とした知の探求と技術の創造に努め、他者の個性と存在を尊びつつ協同し、医療薬学の発展を担いうる人材の養成をもって、人々の健康と生活の質の向上に貢献します。

目的

薬学研究科は、薬学領域の高度な知識・技能・研究能力を国際的視野に立って深め、臨床薬学的研究を行う高度な能力を持った優れた専門職業人の養成、ならびに薬学研究の高度な実践能力を身につけた医療薬学の教育・研究を担う優れた人材の養成を目的としています。

課程修了後、論文審査に合格すると「薬学」の博士号が授与されます。

また、昼夜開講制で社会人対象の入試と長期履修学生制度を設け、在職のまま薬学の高度な知識を学び、博士の学位取得を目指す社会人の方々を受け入れます。


ディプロマポリシー・カリキュラムポリシー

教育

本研究科の授業科目は、講義、薬学研究、薬学演習および臨床薬学研修からなります。

“講義”形式の授業は、カリキュラムポリシーに則り、薬学領域の高度な知識を身につけるための専門教育科目(10科目)から編成されています。
“薬学研究”では、主に指導教員の研究室において学位論文作成のための研究活動を行います。

研究課題の決定、実験・調査の実施および結果の十分な吟味・検証作業に基づく解析・考察の能力の涵養を通じて、得られた一連の研究成果について英文原著論文を作成し、国際的専門誌に投稿・公表します。
さらに、研究成果を総括し、既往の研究動向における学習者の研究成果の位置づけとその意義や将来展望を含めて博士論文を作成します。
“薬学演習”では、研究計画の立案、研究論文の読解、学術論文への研究発表方法、学会での研究発表や質疑応答の方法等を学習します。
学生が研究を自律的に行う上で必要なこれらの基本技能を高めるよう、指導教員のみならず研究科教員の全員が協働して教育にあたります。

将来の進路として高度の専門性を持った臨床薬剤師を目指す意欲のある学生は、研究科に協力する神戸市立医療センター中央市民病院での“臨床薬学研修”を選択し、6年制薬学教育における実務実習を超えた内容の研修を経験することによって、臨床薬学的視点で研究課題を捉えることが可能になります。

また理化学研究所分子イメージング科学研究センターの協力により、医薬品の体内動態・薬力学的評価に先端的研究を展開する研究機関と共同研究体制を組み、その中で学生は当該機関の研究者から研究指導を受ける機会が得られます。

講義時間

1-2年次の前期・後期(各10回)ともに水曜19時00分~20時30分、土曜15時30分~17時00分を授業時間とし、社会人学生の受講が可能な時間帯に開講します。

長期履修制度

標準修業年限は4年です。

なお、職業を有している方、または育児、長期介護等の事情により、標準修業年限(4年)での教育課程の履修が困難な方を対象として、標準修業年限を超えて計画的に履修し、最長8年迄で教育課程を修了する長期履修制度を設けています。

薬学研究科博士課程 薬学研究指導教員と研究分野

市川 秀喜(いちかわ ひでき)
ナノテクノロジーを利用した微粒子製剤に関する基礎研究とその医療応用について、製剤の設計・製造はもとより、機能性素材の合成、製剤の特性評価(物理化学的特性、培養細胞系、体内動態)等の広領域にわたる総合研究に取り組んでいる。
主な研究課題は以下の通り。
1.
乳化/分散重合法、乳化液滴融合法、水系中和析出法、水系湿式混合粉砕法等による医薬品・医薬品添加剤のナノ粒子化技術の創製
2.
湿式噴霧被覆法、乾式粉体混合複被覆法等によるナノ構造制御された機能性微粒子製剤の製造基盤技術の開発
3.
バイオ医薬品や難水溶性薬物等の難吸収性医薬品の特殊放出制御への応用を指向したナノ・ミクロ製剤の粒子設計
4.
がん中性子捕捉療法用ナノ製剤の開発と悪性軟部腫瘍治療へのトランスレーショナル・リサーチ
5.
微粒子状物質が関与する注射剤の安全性管理に関する研究
袁 德其(えん でち)
分子創薬領域において、以下の課題について研究を行っている。
1.
分子間相互作用を利用した超分子系の構築
2.
人工超分子系による生体超分子系の機能制御
3.
人工レセプターの創製
4.
創薬に有用な高選択的有機合成法の開発
岡本 正志(おかもと ただし)
予防薬学領域について、研究課題は以下の通りである。
研究は培養細胞系や実験動物系で、生化学、細胞生物学、組織学的手法等を駆使して遂行している。
1.
酸化ストレス負荷時のコエンザイムQレドックスサイクルの作用機構
2.
コエンザイムQ10の栄養学的・健康科学的評価
3.
健康食品の品質管理とその問題点
糟谷 史代(かすや ふみよ )
代謝毒性学的・法中毒学的研究領域において、以下の研究を行っている。
1.
脳・細胞膜脂質の脂肪酸組成及び脂肪酸代謝における変動要因の解析(薬物や疾病による変動解析)
2.
乱用薬物の毒性発現機構解明及び毒性評価あるいはそのアッセイ法の確立
3.
向精神薬多剤併用における薬物動態の変動機構解明
岸本 修一(きしもと しゅういち)
「より有効な薬物および薬物利用法の開発」を研究目標として、以下の研究を行っている。
1.
既存制癌薬の有効性を高める手法の開発
2.
新規制癌薬開発と活性メカニズムの解明
3.
病態時の他疾患治療薬の有効性に与える影響の解明
4.
癌ワクチンのためのアジュバント開発
久米 典昭(くめ のりあき)
動脈硬化性疾患、および脂質異常症、糖尿病、メタボリックシンドロームを始めとする代謝疾患の領域における、未だ解明されていない病態生理、および薬理作用につき、分子レベル、細胞レベル、臓器レベル、個体レベルから明らかにする。
培養細胞、疾患モデル動物などを用い、分子生物学、細胞生物学、生化学、免疫組織化学などの実験手法を用いる。
研究から得られた成果は、共同研究による臨床研究へと発展させる。
白川 晶一(しらかわ しょういち)
バイタルサインを始めとするさまざまなフィジカル・アセスメントを身につけ、患者の気持ちに寄り添えるヒューマニズムあふれた薬剤師の育成教育を研究の課題としています。
臨床薬学的見地から、産業にかかわる労働者におけるファーマシューティカルケアの実践も課題の一つです。
具体的には、高機能シミュレーターや様々な医療機器・器具を使用することで、①薬物の適正使用で気をつけること、②薬物の副作用の早期発見に必要なこと、③患者QOLの向上に役立つこと、などを研究の課題としています。
杉岡 信幸(すぎおか のぶゆき)
薬物療法における問題点を薬物動態学的に基礎と臨床の両面から解明し、薬剤の適正使用に関する新たなエビデンスを臨床現場へ供給することで、薬剤師が医療に貢献する義務を果たすことを研究課題とする。
1.
臓器移植における免疫抑制剤の適正使用に関する基礎・臨床研究
2.
中心静脈栄養療法中の患者に対する薬剤の適正投与に関する基礎・臨床研究
3.
生体内脂質・蛋白の酸化・糖化変性による薬物動態変動機構の解明とその臨床応用
鷹野 正興(たかの まさおき)
脳に関心があり、老化・アルツハイマー病・神経分化について、分子生物学的手法・プロテオーム解析によって、そのメカニズムの解明に迫りたいと考えている。
また、上記の系で変化が見られたタンパク質をTALENやCRISPRなどゲノム改変手法を用いて、遺伝子をノックアウトし、その発生・分化における、そして生理的に未解明な役割を個体レベルでも解析していきたい。
以下に現在進行中のテーマを掲げる。
1.
アルツハイマー病モデルマウス、APPΔ693マウスの脳におけるタンパク質・リン酸化タンパク質の網羅的解析
2.
老化マウス脳の細胞分画タンパク質・リン酸化タンパク質の網羅的解析
3.
アストロサイトが分泌する神経細胞分化促進因子の解明
津田 裕子(つだ ゆうこ)
ペプチド化学を基盤として、生物学活性を有する化合物の分子設計、合成研究を行っている。
さらに医薬品・検査薬への応用を目指している。研究テーマは以下のとおりである。
1.
内因性オピオイドペプチドであるエンドモルフィンの構造変換と構造活性相関の研究
2.
ソマトスタチンのアミノ酸配列を基盤とした抗腫瘍活性物質の探索
3.
活性中心志向型プラスミン阻害剤の分子設計
4.
癌腫で高濃度に発現している新規細胞増殖関連因子C7orf24(U7)阻害剤の分子設計
角田 慎一(つのだ しんいち)
1.
2型TNF受容体と細胞内シグナルに関する研究
2.
制御性T細胞の機能に関わる分子の解析とがん治療への応用に関する研究
3.
抗BAFF受容体抗体の創製と免疫疾患治療への応用に関する研究
4.
細胞内移行性抗体/ペプチドの創製と細胞機能制御への応用に関する研究
徳山 尚吾(とくやま しょうご)

他大学、研究機関との連携を広く展開しながら、分子生物学的、生化学的、薬理学的手法を駆使して、臨床応用を目指した基礎および応用研究を行っている。
さらには、薬剤師の新たな職能開拓を意図した研究も展開している。

1.
DHA をはじめとする長鎖不飽和脂肪酸の疼痛制御機構に関する研究
2.
医療用麻薬と抗がん剤の併用時における適正使用に関する研究
3.
脳血管障害の軽減に向けた新規薬物治療法の開発に関する研究
4.
非アルコール性肝炎(NASH)モデルの開発と発症機序の解明に関する研究
5.
各種病態時における薬物代謝関連酵素の変動に関する研究
6.
健康食品成分をシーズとする新規生活改善病治療薬の開発に関する研究
7.
その他 (現場薬剤師のニーズに沿った研究も実施している。具体的には、糖尿病疾患、腎疾患、肝疾患などである。)
福島 昭二(ふくしま しょうじ)
DDS、薬物動態学、制癌薬開発などの分野で以下の研究を行っている。
1.
抗腫瘍性プロスタグランジンおよび関連物質の製剤開発と活性メカニズム
2.
新規制癌薬開発と活性メカニズム
3.
エレクトロポレーション、マイクロバブルソノポレーション法の癌治療への応用
4.
病態時の薬物動態変化とその変動要因
5.
癌ワクチンのためのアジュバント開発
6.
機能性エマルジョン粒子の開発
7.
人工血液の開発
武田 真莉子(たけだ まりこ)
「経口バイオアベイラビリティを改善する次世代ストラテジーの開発」を研究目標として、以下の研究課題を行う。
1.
低分子薬物を対象とする系-薬物間相互作用(特に消化管トランスポーターおよびCYP3Aに関連する相互作用)の解明を目的とする基礎および臨床研究
2.
高分子薬物(バイオ医薬)を対象とする系-薬物デリバリーキャリアを基盤とする新しい薬物送達システムの構築と、それに関連する基礎研究から臨床開発までのトランスレーショナル・リサーチ
山元 弘(やまもと ひろし)
免疫応答を制御する要因について、特に新規に発見したカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)について研究している。
研究の手法は以下のごとくである。
1.
CGRP遺伝子欠損マウス、CGRP受容体遺伝子欠損マウスにおける免疫応答の様相について
2.
CGRPアイソフォーム(α、β)のそれぞれの機能の違いについて
3.
CGRP受容体遺伝子欠損マウスにおけるマクロファージ機能について
屋山 勝俊(ややま かつとし)
循環器薬理学分野において、血管の収縮・弛緩機構について以下の課題について、薬理学的、生理学的、細胞生物学的、分子生物学的手法を用い研究をを行っている。
1.
アンジオテンシンタイプ2受容体を介した血管弛緩機構について
2.
アンジオテンシンタイプ1受容体による血管平滑筋細胞収縮機構とその細胞内情報伝達系について
3.
細胞外ストレスによる血管収縮および血管弛緩機構について
4.
血管機能調節におけるプロテインホスファターゼの役割について
李 英培(り えいばい)
アストロサイトやミクログリアなどのグリア細胞は、神経機能に対して補助的な役割を有するものとして、これまで理解されてきた。
最近、グリア細胞は、様々な神経機能に密接に関わっていることが明らかにされつつあり、グリア細胞の異常が神経変性疾患などの病因の一つとして認識されている。
このような研究背景のもとで、神経機能におけるグリア細胞の機能を明らかにするために以下の検討を加えている。
1.
ニューロンの細胞死におけるグリア細胞の役割
2.
ニューロンとグリア細胞との混合培養における神経機能の評価系の構築
3.
アストロサイト活性化におけるミクログリア機能的役割
4.
グリア細胞の機能調節による疾患治療薬の創製を目指した基礎的検討
■募集要項など資料のご請求・お問い合わせ
資料のご請求やお問い合わせは、郵便・電話・FAX・Eメールにて下記までお願いします。なお、資料のご請求はこちらからも可能です。

[お問い合わせ]
神戸学院大学入学事務室
〒651-2180 神戸市西区伊川谷町有瀬518 TEL:078-974-1972(直通) FAX:078-976-7294  E-mail:nyushi@j.kobegakuin.ac.jp